オーナーズニュース11月号

売却準備は出来ていますか?~スムーズに売却しやすくするポイント~

オーナー様の多くは相続税納税用地として、駐車場や更地・空家を準備されていると思われます。
相続税は、相続が発生してから10ヶ月以内に納めなければいけないため、短期間で売却する必要があります。
今回のオーナーズニュースでは、いざという時に資産をスムーズに売却しやすくするポイントを解説します

不動産の価格は経済状況によって価格が変動するため、いざという時に売却できなかったり、
納税資金が足りなくなる可能性があります。 相場と需要は、定期的に確認しておきましょう。
また、相場に関しては公示価格・基準地価も参考にしましょう。

近年の不動産取引において、売主が土地を測量し境界を確定させることにより、より確実に高値で売却を行うことができます。
境界確定は通常3~4ヶ月の期間を要します。
また、近隣トラブルがあると境界確定の承諾が得られず、場合によっては、売却できないこともありますので早めに専門家に相談しましょう。

平成22年1月の名古屋高裁の判例によると、建物建築に適さない土地の購入者が売主に対して
地盤改良工事代等を請求し勝訴しました。また、土地汚染を理由に不動産売買契約の取消しを
求められたケースもあります。

不動産を売却する際、共有名義の場合、所有者全員の承諾が必要となります。
手続きに時間が必要になる場合がありますので、お早めに下記の対応を検討しましょう。

 ①他の共有者と持分の売買
 ②土地であれば、持分に応じて分筆
 ③売却し、持分割合に応じて現金で分ける